ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュンク堂で再販「コンプティーク10月号」の予約を断られたYuuki-Sです。

目処が立ってないのは分かるのですが、ジュンク堂でダメなら一体どこで・・・!?

これは結局買えないフラグ。


早速、ウォーターラインシリーズ1/700霧島さん(ハセガワ)を組み始めました。

艦底にオモリを瞬着固定。部品の小ささと細さに驚きつつ、

まずは大きめの部品だけでもと接着していきました。

霧島さんの艦橋

取り敢えず艦橋。知識もなければ資料もないため、

よくわからない部品を重ねていき形になるのは面白かったです。

ギザギザは窓だったのかとわかったり。

しかし各部の出っ張りとかの役目は分からない。何か資料でも買ってみますかねえ。

取り敢えず組んだ部品たち

今回組んだ部品は以上。くっ付けてからではマズそうなところはスルー。

それに砲塔等細すぎて組んだ後も不安になる部品はひとまず置いておきました。

急いで今週中に小物入れ+綿を100均で買ってからにしようと思います。

このレベルの仕掛品は箱のなかにポーンと放っておくとやばそうなので・・・。

組み始めてからこいつぁ大変だとわかってきましたよ?

準備もあと一歩足りなかったかな。


ともかく、私の目標は「まず完成させること」。

エッチングパーツ? 糸? いえ、知らない子ですね。
スポンサーサイト
スッ

霧島さん(箱)

取り敢えず俺氏提督の第一艦隊の主力、霧島さんを手にとってみました。

以前書いた通り艦船模型は一度も組んだことがありません。

インターネッツで大まかなポイントを読んだりしているくらいです。

確かに箱開けてみるとパーツの小さく細い。気をつけなければ。


塗装についてはエアブラシを使いたいところですがあいにく実家。

仮にあったとしても吹くところがない。賃貸でラッカーやエナメル臭はOUT。

ということで筆塗り決定。筆と共に水性ホビーカラーも添えました。

ムラ不可避ですが追い出されるよりはいいのです。

また、こっちには最低限の工具しか持ってきていないためちょっと大変でした。

残すところはピンバイスくらいですけど。

あとは時間ですねぇ。もうちょっと余裕が有るといいんですけど。

さて、どうなることやら?
艦これのせいで艦船模型が最近気になります・・・。

「絵を描けば手に入る」と同じく「作れば出る」という都市伝説があるようですがそれは置いておいて。

艦これは張り付いてプレイするゲームではないのでスキマ時間があるのです。

その時間に少しずつ組むのもいいかなあと思い始めている自分が居ました。

疲労の自然回復や入渠待ちとかでちゃっかり調べていたり。

なにぶん艦船模型は一切触れたことがないものですから。

やっぱり始めるなら1/700ウォーターラインシリーズですよね。

あとは少しの決断と「どの艦船にするか」ですね。

・吹雪
・加賀
・陸奥
・霧島

組むならここあたりかなあと思ってます。

ええ、我が鎮守府が誇る第一艦隊。その中でもお世話になって思い入れのあるメンバーです。

艦船模型その細かさと塗装難度に躊躇するところがないわけじゃないので

真剣に考えてみんとす。
右脚部と右主翼そしてシールドを組み立て。急激にそれらしくなってきました。

右脚部・主翼追加

シールドはファイター形態中ケツについています。

そこからどうやってバトロイドの時に腕へ持っていくのかと思っていたら、シールドの下に丁度手の平がきているんですね。

そうなってたんだ。劇中では確認しづらい変形シークエンスもこれで把握できそう。

このキットは作れば作るほどカッチリした出来で驚きます。

パズルのように各部がハマっていく。

余りにもカッチリすぎるので、どこかしらズレていたりブカブカにしてしまうと上手くはまらないという。
ホイホイさんをパチ組み。ただし武器はまだ。

パチ組みホイホイさん1

瞳は塗装済みというコトブキヤの優しさ。

瞳なんて塗ったこともなければ、できそうにない自分にとってありがたい。

パチ組みホイホイさん2

この無表情な顔。しゃべる時も口は動かないそう。

あくまで駆除ロボットなんですね。でも可愛い。


テカり(特に顔・肌)がきになるのでつや消しした方が良さそうですね。

ミスとはいえもう一個キットがあるので、オリジナルカラーにしてみたいかも。
コトブキヤのプラキット、1/1ホイホイさんを製作開始。

ホイホイさん途中

実はブキヤのプラキットは初めてだったりします。

ブキヤのキットはパーツ分けが細かいと聞いてはいましたが、思った以上でした。

ちっこいので一発成型だと思っていたパーツがどれも分けられてたり。

箱もそれなりに大きくてビックリ。このパーツ分割の仕方は何なんだろう?

噛み合いについては特に思うところはありません。

やっぱりパーツ分割ですかね。

ガンプラの作りやすさを再確認する程度に戸惑いました。


加えてホイホイさん自体もあまり知りません。

PS2のソフトでコンバットさん(?)と戦っているところを見た記憶があるくらい。

でもちんまい上に設定が面白く、フィギュアっぽいのにプラキットという点に惹かれてチョイス。

が。

何をどうしたらミスるのか自問しているところなのですが、まさかの2個買い。

予約を二箇所でしてしまっていた・・・ようです。

漫画でさえ間違って同じ巻を買ったことがないのに。

店頭と通販という組み合わせならまだしも、この場合は通販と通販の二重注文。

・・・本格的に脳が退化してきたみたいですね。なんだかなあ。
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。