ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅薔薇のつぼみの妹、誕生。

こうして見ると、祐巳と瞳子は二人ともツインテールなんですね。

マリア様がみてる 薔薇の花かんむり

祥子さまに見守られながら、マリア様の像の前で姉妹の儀式─ロザリオ享受が行われました。

祐巳の妹の誕生です。

これまで「瞳子ちゃん」と呼んでいたのが「瞳子」に変化。

そして「瞳子、いらっしゃい」などと言うようになった祐巳に上級生らしさを感じる。

あぁ、お姉さまになったんだなと。

今巻まで読んできたからこそわかる、この変化の凄さ。

ドギマギ百面相していた祐巳は少なくなっていますもんね。

本当、これからどう物語が描かれるか楽しみです。


そのあとは、祐巳と瞳子の問題が解決した後の後日談的なストーリー。

同級生として一番瞳子を心配していた乃梨子は思わず涙ぐむ。

祐巳が距離を置いていたときも気にかけていたのは乃梨子。

初登場時のそっけない二人の関係から、今の親友関係は想像出来ませんでしたね。

瞳子と乃梨子には友情が芽生えました。

この二人は決して百合じゃない、これは断言できる。あと挿絵、ごちそうさまです。


終盤にドリルヘアーでない瞳子がチラっと登場したんですが、正直ドキッとした。

あ・・れ・・?ドリルなのに。

相手は電動ドリルなのにかわいいだなんて・・・くやしい

数十巻も不仲で、いっつも特徴的なクルクルドリルヘアーだったものですから

いきなり髪をおろしたと同義ですし、よく見ると瞳子の前髪はパッツン。

当然クルクルヘアーというのは、巻かないととても長いわけで。

つまり瞳子の本来の髪型は「 前 髪 パ ッ ツ ン ロ ン グ ヘ ア ー 」だったんだよ!!

な、なん(

髪を巻いていない瞳子は・・・ストライクゾーンだったワケか・・・。

なんてこった
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1086-4886497b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。