ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい並べて眺めたくなる表紙。

機動戦士ガンダムUC 9 虹の彼方に(上)機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)

「逆襲のシャア」と「ジオン共和国自治権放棄」に挟まれた宇宙世紀のおはなし。

もちろんこの後にも宇宙世紀の物語は続いていく。

歴史と歴史の間、作品と作品の間になるため

一種の縛りがある時代背景ながら、上手く纏めたなと読了後にまず感じました。

特に引っ張り続けてきたラプラスの箱の中身については納得。

「たったそれだけのこと」ながら、一部の人々にとってはとんでもないシロモノ。

見返してみると、ロニと話していたときにチラッと触れていたんですね。

さり気なく(というか露骨すぎではないかというくらいに)OVAにも・・・ある

残念なことにその後も連邦の体制は変わらず、相当先まで存続し続けてしまう未来が待っているのですが。

歴史の間の作品であると知っている読者側にとって、あのエピローグは切ない。


ファースト、Z、ZZ、CCAの世界観を引き継ぐのはもちろんのこと

後々の物語となるF91などの萌芽も盛り込まれていて、ニヤッと出来る部分があったのは

宇宙世紀最新作ならではのこと。

個人的にはファーストのオマージュが少々多過ぎたかなと思いましたが。


ユニコーンの(色々な意味で)凄まじい性能は、MSの観点からみると「やりすぎ」と評されそう。

宇宙世紀のガンダムと謳った作品ですから、ここにツッコみたくなるもの。

自分もシールド操作はないなと思ってます。

超常現象はZZを色濃く受け継いでいる気がするなぁ・・・

しかし見方を変えれば、フルサイコフレーム仕様の特機の性能や

サイコミュの可能性と脅威性が露になったワケですから

連邦は危険視するでしょうし、AEへ圧力がかかりサイコミュ兵器製造に支障が出ることは必至。

後の宇宙世紀でサイコミュ兵器が重要視されなくなるどころか、無くなっていくことを考えると

このラプラス戦争がサイコミュ兵器衰退への転換期に当たるのかも・・・と考えると面白い。

Vガンまで至ると「サイコミュ」という言葉さえ殆ど出ませんし。


そうですね、UCの最も評価できるのは宇宙世紀の世界観をより掘り下げることが出来た点でしょうか。

宇宙世紀の始まり、地球連邦軍の体質の変化(変遷)、

AEのその「勢力を問わない兵器提供」ぶりを可能にする後ろ盾・・・などなど

OVAユニコーン1で、サイアムのCVに永井一郎氏を当ててきたのには天晴れでした。

ファーストにその存在を仄めかすことができる、最高の跡付け。

MSについてではなく、「宇宙世紀」をより知るために読むのをオススメしたい作品ですね。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1224-0dab90dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
オタクではなく、僕らの世代では文化である「ガンダム」。まだ歴史の浅いブルーレイとはいえ、マイコーに次ぐ歴代2位の記録を作ったのだそうな。マイコー(一応、マイケルジャクソンですw)の場合は・・・
2010/03/18(木) 19:14:28 | 堺市の賃貸不動産屋で働く、営業マンの日記
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。