ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
境ホラのアニメ化でスレが超加速。

私も落ち着いていられないので一通り見ましたが、皆考えていること・懸念していることは同じで。

特に・・・よくわからないから→つまらない と言われてしまったりすること。

1巻冒頭は終わクロよりもとっつきにくく、

1上・下は「最終回のような第1話目を書こうと思った」と言う通り、ep1でありながら濃い展開が待っています。

向き不向きが強烈な原作読めとは言わないので、まずはほげーっとでもいいので見て欲しいトコロ。

すぐさま見向きもされなくなってしまうのが怖いです。

あと媒体がわからないんですよね。確かにTVアニメとは書いてない。

OVAなのか、はたまた(なさそうですが)劇場アニメなのか。

はぁ・・・どうなるんでしょうね。色々な意味でため息も出る。


しかしアニメ化のメリットもわかりました。

原作はやっさんが過労死してしまうくらいに挿絵が多いのですが、それでも描ききれていません。

武装や武神の場合はどんな形状なのか?色は?

キャラの場合は全身は?やっぱり色は?

挿絵だけでは抑えられない範囲まで可視化されるのが何より有難いですね。

未公開のやっさん画はもちろんあるでしょうし、載せきれない為設定はあっても未デザインのモノもあるやもしれません。

アニメ化でどこまで原作者・イラストが絡むのかはわかりませんが、小説の映像化のメリットをすっかり忘れていました。

確かに何よりのメリットです。

あとはアニメ化をトリガーとした商品展開。

関連書籍とやっぱり・・・立体化ですよね!

キャラもいいですがメカ分も多分に含まれているのが川上ノベルの良い所。

サンライズが絡むのでそれなりに武神の立体化に期待出来そうですが、果たして・・・?

中でも個人的にはムック本を希望したいです。

川上氏によれば執筆にあたりA4・780Pの(文字での)設定資料を作って担当が泣いたそう。
※1・上の著者欄

その設定資料の一部でも書籍化され、我々読者の手に取ることが出来ると嬉しいんですな。

いくらなんでも小説のみでは範囲が狭く発売なんて到底ムリなシロモノ。

そういったムック本がアニメ化を期にリリースされるといいですなぁ・・・!

毎巻20Pくらいキャラ・用語・設定集・イラスト集になっていても物足りないのが事実。


とにかく、このタイミングを逃すと出来ないことってあると思うんです。

まさかのアニメ化告知をしたからには腹をくくって頑張って頂きたい。

アサマチの出番はカットするなよ、絶対だぞ!ズドン系巫女さんなんだからな!
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1426-c89627a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。