ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
設定画のためだけに電撃文庫MAGAZINE買いました。

・境界線上のホライゾン

電撃文庫MAGAZINE Vol.19

キャラ設定画がおそらく公式HPのシルエット元なので気になる方は読むといいよね!

設定画は全体的にやっさん絵に近くていい感じ。

アサマチとオゲちゃんの目が若干小さくて違和感を感じなくもないんですが。

気になったのはこの一部の目の大きさかなあ。

うむ、つくづく制服デザインがイカしてますね。

和装の振袖が付いていながらハイレグで、加えてストッキングを標準装備。

武蔵アリアダスト組は黒を基調としていて黒スト化。ふう・・・

各国のアレンジによって色々な特徴を伸ばしていていて飽きもこない。

なんて贅沢な制服なんだ。

軽装状態なら袖やらハードポイントやら外して尚更やばい。

アサマチ軽装状態ってただの歩く犯罪者ですよねー!

あんな日頃からハイレグ黒ストから覗く脚を見ていてはおかしくなりそうなものですが・・・

日頃からこう、と常識化・習慣づいているせいで特別視することがないんでしょうね。

戦国時代だというのに羨ましい世界だ。


しかし他に読むところがない。

ホニメ特集ページとOBSTACLE OVERTUREしかなかった。

まあほとんど続き物ばかりですから。

OBSTACLE OVERTUREは初めて読んだのですが、次回からまさかの一時休載。

ホニメでますます多忙になられるのがわかってますからね。

ムック本や設定資料集が出ないとは思えないタイトルですがいつになるかはわからない。

そもそもアニメ自体放映前なワケですし、計8ページの資料でもアリかな。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1478-1bad403f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。