ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・異国迷路のクロワーゼ

丁寧なつくりに自然と顔がほころぶアニメですねー

ところどころオリジナルを交えているものの原作とマッチしていて気にならない。

市場へ行き日本で見れない食品を一つ一つ尋ね、繰り返し音読したり

クロードの買い物の様子からお財布事情を推量→値段から紙が高いことを知る

など、とにかく「湯音が頑張っている」ことに重きを置いた描写が素晴らしい。

3話の手紙→日本語→モチーフにする流れはとても自然だった。

日本人と外国人の交流でよくあるネタでホクホクしつつ、ギャルリが斜陽だと暗に再び伝える上手さ。

異文化交流ネタは見ていてニンマリしますよねえ。勘違いと戸惑いの応酬が良い。


原作よりクロードが柔らかくなっていたり、合間にオリジナルを挟みつつも

先エピソードの伏線を散りばめてあったり無駄がない。

原作ストックがないことへのフォローもありますが、

原作にある少々の慌しさを打ち消すという意味もあると感じています。

前も書いた気がしますが、原作だと事件やらトラブルやらが結構ありほのぼの分に欠けるところがあるのです。

連載として見ればスパンが空いて丁度良いのかもしれませんが、コミックスで一気読みすると

健気に頑張る湯音が参ってしまわないかと思ってしまうくらい何か起きてる。

読んでいる側があたふたする感じ。特に2巻。

加えてクロードにも抱えているモノがあるので心の余裕が少なく、湯音との交流がアニメよりキツめ。

それでなくとも若くして一人で切り盛りしている時点で苦労していますから。

なのでアニメの心のゆとりが増しているクロードは見ていて非常に落ち着きます。

柔らかいクロードと3話分丸々日常と交流に使ったおかげでマッタリ進行になり、本当に落ち着く。


登場人物がほぼ3人だけで間が持つ凄さ。ずっと眺めていたい時間が流れていますよね。

原作より穏やかに眺められるのは間違いない。目とかどうでもよくなってきた!

このアニメが月曜深夜に見れるというのはデカい。

一番憂鬱になる曜日は月曜、みんな知ってるね。

また一週間が始まった・・・→(視聴)ほわぁぁあぁぁ~→口元が緩んだまま就寝。

アニメ化して良かったなあと思える作品です。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1564-65fa3b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。