ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・境界線上のホライゾンBlu-ray第1巻 -公式HP
・境界線上のホライゾンBlu-ray第2巻 -公式HP

さて1巻特典の小説の表紙が公開されたわけですが魅力がハンパないですね。

本編より先にアサマチが表紙になるとは。・・・本編表紙になるか怪しいかも?

特典小説といったら本編の隙間をいく日常生活モノ、ほぼ外伝なポジションのものとイメージしていて

本筋に絡むことはもちろん真新しいこともないと判断していました。

しかし先代である「前生徒会」「前総長連合」が出てくるとなれば読むしかないじゃないか・・・!

加えて戦闘もあるとか意味不明なので期待せざるを得ない。

参考:境界線上のホライゾンBD特典小説「きみとあさまで」 -Togetter


そこで問題が一つ。予約をどこでするか、です。

正直、絵柄次第でどの店舗特典を採るか揺らぐので決められないんです。

今はまだ動けないそれが定めなんだな。

出遅れに備えamazonで一応の予約を入れてあります。保険保険。


特典そのものとしてはゲーマーズの「全巻収納BOX」しか見えていません。

タペストリーは絵柄の粗さを感じポスターの完全劣化でしかないため除外。

氏書き下ろしドラマCDも気にはなるんですがBOXに比べ「所有感」に劣る。

全巻店舗で購入となればamazonとの差額がそれなりになりますから、相応の特典が欲しくなるというもの。

CD1枚と全7巻を収められるBOXでは有り難味が違う。

なのでゲマ以外ありえない、という程度に絞られてはいます。



問題の全巻収納BOXの「絵柄」。これによってはドラマCDもありえますね。

個人的にシリアスor真面目or格好良い系の絵柄だと嬉しいんですな。

梅組がずらっと勢揃いとか、トーリとP-01sのツーショットとかそんな感じ。

何故か海で水着とか、ジャケットと雰囲気・作中世界が一致しないシチュで描かれるとスルーです。

しばしばありますよね「あれ・・・?」と思うBOX絵柄。そうならないことを祈る。

絵柄がオウフ・・・となるとドラマCDになります。

氏の書き下ろし故、媒体が違えと小説と同等のブツに変わりはない。


とにかく全ては描き下ろしイラストから。

1巻予約締切日(若しくは発売日)までに絵柄がラフでもいいので公開されると幸いなんですが・・・

間に合うかなー。やっさんの手首が危ない。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1641-c582d0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。