ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アサマチの作文「私のしてほしいこと」やるとはー!

大事なシーンですが尺には抗えずカットされるシーン筆頭なんじゃないかなって。

気づいた時の顔の崩し具合は絶妙であった。AAが欲しい。

・神社の一人娘で巫女さん
・幼馴染
・巨乳(梅組の胸カーストトップ)
・義眼(オッドアイ)
・弓使い
・色々ヨゴレている ←NEW!!

属性の塊みたいなキャラですよね。今後のアサマチにもご期待下さい。


今回はとてもわかりやすかったと思います。

制作側もこなれてきたのか2話の授業よりも画面が面白かったなあ。

ベルさんがトーリの背中を押して復活させた。このシンプルさ、いいね。

「トーリのどこに惹かれて人が集まるのか」その一端が垣間見れましたよね。

挿絵だとアニメ程タレ目じゃないんですが、パッと見はチャラ男なのは共通していて

このI下のシーンで初めて主人公に魅力を感じましたね。

トーリ曰くエロゲ雑誌で益荒男ゲージを貯めていたとのことですが、

気遣いやらギャグのため誤魔化しているだけですから。

梅組には小等部からのつきあいの仲なキャラが多く、トーリとベルさんもその内の一人。

これまで積み上げてきたものがあってこその人望ということです。

セージュンは本編の1年前、つまり二年生の時に編入してきたので

視聴者と同じく「トーリのどこがいいんだ・・・」と思っています。

やはりトーリだけでなく梅組連中のことも深く知らないため、

I・下はセージュン視点で見るのが一番分かりやすいかと思います。


さっさとホラ子奪還に行けと逸る気持ちはごもっともなんですが、

教導院は学生で構成されてはいるものの事実上国のトップ。

聖連から暫定支配されている立場で奪還しようものなら反旗を翻すことと同義で

「おっしゃ、ジョージ許さん!」と突撃しても潰されるだけ。

「聖譜連盟」ということはK.P.A.Italiaだけではなく各国からボコられる。

じゃあどうしようか?と要検討な事項が多いんです。

こうしてキャラや勢力としての苦悩・逡巡からの決意を丁寧に描写するのも氏のウリです。

1話ずっと討論(会話)だけの回があるとインタビューでもありましたし

今後も結構見られる光景です。

極東は勢力として一番扱いが厳しいですから・・・。


関連記事
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1653-71cf4c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ホライゾンさんは連行される。大罪武装だった。三河消失の責任として、自害を命じられたと、ギンがムネシゲに教える。正直、どっちがギンさんなのかわからないな。声優が杉田さんだ...
2012/03/15(木) 20:27:19 | ぺろぺろキャンディー
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。