ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表からずっと待っていましたRGガンダムエクシア。

しっかりエクシアリペアキットを注文しつつ、建造に着手し始めまして。

1機はエクシアに、もう1機はエクシアリペアにする所存。

艦これや境ホラ7上、帰省など諸々の誘惑がありつつも何とかGW中に完成させることが出来ました。

まずは初期エクシア。



デカールの数がRGエールストライクの後だと少なく感じるという錯覚。

元々未来感のある秀逸なデザインのためか、むやみやたらとコーションマークが

あっても不自然というのも理解できますね。オーバーテクノロジーポジションですし。



GN粒子による不自然なまでにふわふわした独特の機動(+独特のSE)が似合います。



001期の見返したくなる激戦はどれもGNブレイド×2も含めて投擲しているエクシア。

自然とエクシアの印象的なポージングは漢のGNソード1本のみになるという。


続いてセブンソード装備。



ちょっと気になるのがGNブレイド×2の柄の厚みでしょうか。

もちょっと細身でも良かったかなあと思わなくもない。

RGエクシア自体が相当スタイリッシュになっているおかげで目立ち気味。



そして001期のラストスパートを切った、対ガンダムスローネ戦冒頭のカット。

トリニティのやりたい放題ぶりが目立ち、視聴者の鬱憤が溜まり、

ハムフラによる反撃からの「3機のガンダムスローネを紛争幇助対象と断定・・・」。

最後に無常にも入る「次回もお楽しみに」。

当時は燃えながりながら「ここで一週間後かよおおおおおおおお」と死にそうになっていました。

ここから001期最終階まではノンストップで見てしまいますよね。

上手く再現出来たお気に入りの一枚です。このシーン好きだなぁ・・・。


アクション。



トランザム初発動時のポージングには股間刺しではないスタンドが必須。

尚私の場合は実家のため再現できませんでした。



♪BGM「FIGHT」





アルヴァアロン解体直前のイメージ。


いやあ・・・素晴らしいキットですねRGエクシア。

HGから脈々と続くエクシアそのものの独特な組み方のせいか、

リアルグレードそのものがこなれてきたのか、かなりかっちりキマります。

ポロりしにくくなっているだけ非常にいいです。

アンテナ、ビームサーベル柄、肩とか大丈夫かなと心配でしたが杞憂でした。

組み上がってからは興奮のあまり写真を取りつつブンドドしていました。

興奮のあまり、うっかり左肩裏のビームサーベルラックを折るというトラブルにも見舞われましたが・・・。

エクシアリペアで外す部分でなければ(精神的に)即死だった。

GWをかけて組んだ甲斐がありました。とんでもない名キットです。



最後にエクシアダークマターとツーショット。

次はプレバンから「リペアセット」が到着し次第、2機目を建造開始予定。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/1998-3020014b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。