ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第02話から、以下のような冒頭ナレーションが追加。

かつて、バラ色の未来と言われた21世紀。しかし、科学の発展は人類に明るい未来だけを与えはしなかった。
最新の科学技術は、ロボットを使用した凶悪犯罪や、バイオ怪物の出現といったハイテク事件を生み、又、これまで考えられなかった災害までも引き起こした。
これらの事件に対して、警視庁は新たな警察組織の設立を決定した。
それが、超AIを搭載したロボット刑事チーム、ブレイブポリスである。


懐かしいのうwwwww

もう21世紀になってしまいましたが、当時夢想していた姿ではありませんねぇ。

おっと、現実直視しすぎてしまった


・あらすじ

冴島総監からジェイローダーを見せられ、デッカードと合体することでジェイデッカーとなることが明かされる。

早速試しに合体してみようとするが、デッカードが心を持ったことで、合体に関するデータが引き出せなくなっていた。

ひとまず、勇太がジェイローダーを操作して合体するようシミュレーションすることにしたが、中々合体することが出来ない。

そんな中、上空から東京を狙った犯罪予告がくる。出動する勇太とデッカード。

しかし相手は空中におり、デッカードでは歯が立たない。飛行可能なジェイデッカーに合体出来れば・・。

このままではデッカードはおろか、勇太の身も危ない。

そこで勇太とデッカードは、土壇場でジェイデッカーにブレイブアップすることを決意する!

というもの。


初合体やグレート合体、リスクのある合体というのは燃えますね。

しかも相手は容赦がない敵。何が容赦がないって、合体中にもバンバン攻撃してくる。

合体バンクシーン中に攻撃される

よりによって初合体だというのに・・・・・ たいした奴だ・・・

まったく、空気読まないから逮捕されるんだぜ?

あ、合体シーンではこれが一番好きなカットです。巨大感が良い。

腕が上から下へ降りてきた後に、ウイングが手前から奥へ移動することで奥行きも感じる。


ブレイブアップのポーズを指導する冴島総監 。

ブレイブアップのポーズ指南

この人が居なければ、ブレイブポリスは成り立たないのがよーくわかるシーンですね。

「こういうのは思い切りが大切だぞ!」

しかし勇太のお気には召さなかったようで、後からご存知のあのポーズになります。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/793-92b667c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。