ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広島駅に着いたら、すぐさま南口を出て左へ直行。

フタバ図書ギガでは
・データコレクション8 機動戦士ガンダムF91
・データコレクション15 機動新世紀ガンダムX

ジュンク堂では
・カンペキ塗装ガイド3 エアブラシ完全攻略
・狐とアトリ―武田日向短編集
・鳴弦の巫女 あるいは神内雪奈さんの秘密
他3冊

を購入して離脱。最後のは予定物ではありませんでしたが、ジャケ買い。

久々にグッとくる巫女さんイラスト。これには期待。

これでも目当ての本が、2冊程置いてなくて泣いた。その内1冊は絶版。


そして福屋階下で開催されていた、ロボットアニメEXPOを見に行く。

ガンダムEXPO東京2008の代わりと思えば。帰省したことで行けませんからねえ

・・・こっちは入場料取られますが。

展示内容は鉄腕アトムから始まり、ロボットアニメを時代順に見ていくことになります。

展示作品はHPを・・・と思ったら、展示されてない作品も記述されていたりでダメですな

■展示作品
・鉄腕アトム
・鉄人28号
・エイトマン
・新造人間キャシャーン
・バビル2世
・勇者ライディーン
・大空魔竜ガイキング
・ゴワッパー5ゴーダム
・超電磁ロボ コン・バトラーV
・無敵超人ザンボット3
・UFO戦士ダイアポロン
・(旧)ヤッターマン
・超電磁マシーン ボルテスV
・惑星ロボ ダンガートA
・機動戦士ガンダム
・伝説巨神イデオン
・ドラえもん
・宇宙大帝ゴッドシグマ
・太陽の牙ダグラム
・戦国魔神ゴーショーグン
・百獣王ゴライオン
・六神合体ゴッドマーズ
・機甲艦隊ダイラガーXV
・装甲騎兵ボトムズ
・銀河漂流バイファム
・光速電神アルベガス
・超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
・超獣機神ダンクーガ
・忍者戦士飛影
・マシンロボ クロノスの大逆襲
・ロボタン
・魔神英雄伝ワタル
・トップをねらえ!
・キテレツ大百科
・勇者エクスカイザー
・破邪巨星Gダンガイオー
・時空冒険記ゼントリックス
・マクロス7
・新世紀エヴァンゲリオン
・小さな巨人ミクロマン
・ASTROBOY 鉄腕アトム
・トップをねらえ!2
・ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
・きらめき☆プロジェクト
・創聖のアクエリオン
・交響詩篇エウレカセブン
・コードギアス 反逆のルルーシュ
・銀色のオリンシス
・天元突破グレンラガン
・GR -GIANT ROBO-
・REIDEEN
・ぼくらの
・鉄人28号 白昼の残月
・機動戦士ガンダム00(1期)
・(新)ヤッターマン
(多分展示順)

なんというオッサンホイホイ・・・(褒め言葉)

2000年以降のロボットアニメも結構ありました。・・・それにしてもマイナーどころが多めのような?

銀色のオリンシスを最後まで見れた人ってどのくらい居るのやら。

しかしこの新旧ロボットアニメ群の中、きらめき☆プロジェクトだけ浮きすぎwwww

愛おぼとマクロス7が並んでいるため、マクロスFも並べたかったと思いますが

00もギアスも展示してあるのは1期なため、現行作品は無理だったんですかね。残念。


各作品展示には液晶と解説及びおもちゃが並べてあり、液晶には映像が流れていました。

トップはガンバスター初合体シーンとスーパーイナズマキック、ギアスはナリタ攻防戦だったりと多種多様。CMや劇場版が流れている作品も。

おもちゃは超合金からプラモデル、アクションフィギュアにキャラクターフィギュアまで幅広く展示。


加えて各所にのロボットアニメ検定(四択)が点在しており、入口に置いてある用紙を使って回答できます。

「機動戦士ガンダムに登場するガンダムのデザインを手掛けたデザイナーは?」という基本から

「庵野秀明がスタッフとして関わっていないロボットアニメタイトルを、以下4つから1つ挙げよ」といったマニアックな問題まで全10問。

それほど展示は大きくないのですが、楽しめる展示で思ったよりも長居してしまいました。


満足して催場から出てみると、左右にショウケースが。

そこにはモデラー方の作成した模型が! おおおおお

ランスロット・エアキャバルリー(パッケージ撮影用)綺麗さにしゃがみ込んでガン見。

今の技術なら写真加工も容易いだろうに、パッケまんまのランスロット。粗が見あたらなすぎwww

スミマセンでした・・・。パッケージ撮影用は伊達じゃなかったです。

同じく驚いたのが、yubaba氏の歴代作品が置いてあったこと。

・・・・なぜ今手元に使えるデジカメがないのかと自問して、死んだ。


HJの第9回オラザク選手権・ガンプラ部門金賞の「破壊セシ者」、

第10回・ガンプラLOVE部門金賞の「Soft Schel Clab」同選手権・キミにもできる!部門金賞「QUBELEY [porigon]」などなど他数点。

スクラッチビルドによる、デストロイガンダムのディテールが圧倒的。確かこれ変形するんですよね・・

カニさんも可愛いかった。

本当に何でデジカメ死んでるんだっ・・・!

その展示の様子はyubaba氏のブログがわかりやすいかと。


こんなことがあり、また地味に凹みつつ福屋を後にする・・・・ つもりだったんですがまた凹むハメに。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/809-d53cd39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。