ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志摩子は泣き顔も綺麗ですね。

マリア様がみてる チャオ ソレッラ!

体育祭に続いて、今度はリリアン女学園の修学旅行。

カトリック系お嬢様校であるリリアンの行き先は、総本山のあるイタリア。

なので、サブタイの「チャオ ソレッラ」はイタリア語版「ごきげんよう、お姉さま」。


遂に祐巳、祥子さまを照れさせることに成功。

と聞こえはいいものの狙ったわけではない。いつもの祐巳でした。

修学旅行中の祐巳は、イタリアを満喫しながらもお姉さまに会いたがっていた。

なので祐巳はイタリアから絵葉書を送る。「お姉さまに会いたいです」と添えて。

もはやラブレターである。

が、その絵葉書は祐巳が帰国してから届く。何故ならエアメールは時間がかかるから。

そんなことまで気にしていなかった祐巳は気恥ずかしさで一杯。

一方祥子さまは「一生忘れてあげない」と言い放つ。お土産のアルバムごと取っておくとも。

表にしていないだけで、祥子さまも祐巳に会いたいと思っていたのでした。

・・・・・・あああああぁあぁぁあああぁぁぁ

何だよ、コレ。こそばゆい百合加減がたまりません。

このシーン、祥子さまの発言が照れ隠しでお叱り口調になっているんですよ。

しかも言い放った後は、急ぎ足で薔薇の館へ去っていく。照れているから。

ごちそうさまです!!

んもー、マリみて読み始めは「百合なんてないじゃん」と思っていたんですがね。

むしろ、どことなくピリピリしていたようにも感じました。

しかし今は違います。

祥子さまの祐巳への愛情は、たまにしか(表に)出てこないから困る。しかもそこがいい。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/960-391955c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。