ゆっくりマッタリ日々の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての例大祭でしたが、言うことなしの最高な一日となりました。

これは忘れられない。


地元からマッタリ出発。電車内でマリみてを読み続ける。

入場からの流れはGIGAZINEさんで書かれているとおり、

正面階段を上る→左側入り口から入る→ガレリアを通り抜けて更に東駐車場へ

東駐車場の海側に沿って歩き、東1~3ホール外周に整列 というもの。

ここでまず9時頃を予定している列移動まで待機。マリみてで時間つぶし余裕でした


この列を辿るとわかる先頭は、東3ホールシャッター前にあったんですが

当たり前ですね。こんなさほど自分から遠くない位置に先頭があるハズもなく。

区切られていただけで、東3ホール内部が丸々列で埋まっていました。

後々シャッターが開いているのに気づき、内部にびっちり列があるのを見たときは・・・


そして入場のために移動開始。

入場券でもあるカタログを見せるワケですが、前からカタログを掲げはじめる人々が見える。

未だ外周にいるのに早くね?と思いつつ、皆がするにならって自分もカタログを上へ掲げます。

前部の視界がカタログ裏表紙ばっかりでカオスになったところで、スタッフから

「カタログはまだ上げなくていいんですよー! まだいいんですよォォー!」と言われる。

まさかの集団フライング。これは外から見ても笑えてしまったと思われる。

笑いつつ、しかしそのまま掲げて東3ホールへ。結局入場まで上げっぱなし。

もうやだこの列wwwww


ようやく東4~6ホールに入場できた後は、まず真っ先に上海アリスへ。

入場したのは東5ホール。で、総本山は東6ホール壁。

てくてく東6ホールを抜けてみれば行列が二度折り返し、最後尾が東5ホール前に。Oh,yeah...

東方幻想板のイベント実況スレより、素敵なAAをちょっといじってこんなかんじ。
┌───────────────┐
└───────←最後尾   ┌─┘
                          │
                      │
┌─東4─┐┌─東5─┐┌─東6─┐
                      ↓
                        神主

強烈なデジャヴに襲われながら並んでみれば、約30分後には体験版入手。

かなり捌けが早かったんで、目に見える行列程時間もかからず、体力も減らない。

一番時間がかかり、体力を取られたのは入場までの外周待機時だったんですねー

おかげさまでマリみて一冊読了してしまいましたから。


本当にあっけなく終わってしまったので、お目当ての早苗さん本を求めて移動開始。

目指すは島中。

そこへの大まかな目印として、チェックしておいたお気に入りの壁サークルを頼りにしながら。

が、移動中に見てみればその壁サークルも捌けが早い。めっちゃ早い。

「もしかしたらもしかするかも」と並んでみれば・・もしかした。

そして同じ様に、目印役だった他の壁サークル×2でも短時間で済んでしまった。

あれ?あれ?と思いつつ今度こそ島中へ。どうしても欲しいあの早苗さん本だけでも──と

結局、どれも完売前に手にすることが出来ました。


何だかトントン拍子というか、流れるように事が済んでしまい唖然。

その時正午にもなっていませんでしたが、チェックした計12サークルは全て完了。

「もしも万が一、一通り回れたら」という予算をピッタリ消費。

正真正銘の無一文、昼飯なしワロタwww

全部回れるとは夢にも思っていませんでしたから、予算の残りから昼代出すつもりでいたんですよ。

時間に余裕があるのに、予算完全消滅でやる事なし。笑ってしまった。

余りにも暇だったので、折角だからと東4~6ホールを眺めながら一周してしまう程。

早苗さんエリアしかチェックしていないので、回っているだけで楽しい。

まさか厳選し過ぎたのが裏目に出るとは、思ってもみませんでした。

惹かれたのいっぱいあったのになぁ・・・ 嗚呼惜しいことをした。


参加者のレポや、友人も口を揃えて過酷(色々な意味で)だったという前回を意識し、覚悟して参加しましたが

混み方もさほどストレスを感じないレベルでしたし、思ったよりも快適だったのが事実。

今回のビッグサイト3面使用が効いたのでしょうか。

確かにどうみても中高校生な人は見受けられましたが、見える範囲で奇行はなかったですし。

それに何より、とても楽しかったです。それはもう、コミケやハルヒオンリー以上で過去最高。

今回ほど「スケブを持ってくれば良かった」と感じた同人イベントもありません。マジ。

夏コミ程暑くなく、冬コミ程寒くないという当たり前な気候も快適さに拍車をかけます。

帰路に着きながら、スカッとした気分で「また参加したい。」と思いました。

総本山が参加しようがしまいがもう関係ありませんね。本当にまた、参加したい。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagomidays.blog54.fc2.com/tb.php/965-e0d5b503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。